海中調査レポート☆

2014年4月15日 (火)

第5回能代港海底調査♪

海中カメラ『うみなかみるぞう君』と録画機『CVR-41』を使用し、今年もまた能代港周辺の海中調査してきました♪movielovely
1370253452581Cvr41_av_y
 平成26年4月12日。海底調査5回目となる今回は、沖堤防の終点に位置する離れミニ防波堤の内湾側です♪
Nosiro_port5
 と、書いても分り難いかと思い、今後のためも考慮し【能代港沖堤防空撮風MAP(CG)】を制作してみましたので、過去の調査ポイント記事と照らし合わせつつ今後の調査用ポイントとしても参考にしてみて下さい♪wink
H26041301
 さて、この辺は外洋からの海流が通り易いため魚も豊富に存在する…が、ボトムを狙うと根掛かりがとてつもなく酷い!と、いう事で、その原因を調査すべく海中カメラを落として見ました☆ちなみに、映像の下部中央に写っている青くて細長い物体『カメラ装着のロッド先端』でございます♪なお、今回はカメラ装着ロッドにワームやエサは取り付けておりませんのでヒットシーンには期待しないで下さい。w
H26041302
 まず、海底にカメラが到着するとウニがお出迎え♪(笑)カメラ方向としましては写真右手が堤防側です。海底に海草の姿は無く、何か有機物らしい砂泥状態となっておりますが基礎コンクリートが地盤である事が分かりました。
H26041303
 そして、カメラをウニから左手に移動させると段差を発見。また、段差の向こうには捨て石らしき物体(岩)も映っております。
H26041304
 お次は、その段差の向こう側から段差側にカメラを向けた状態で海底をチェック。赤い小さなカニの姿を発見☆しかし、ここまではまだ魚らしき姿はまるで目撃できず。う~む。魚はどこに?
H26041305
 そしてAの段差づたいにカメラを移動させると…あれ?基礎の段差がズレている?と、いった感じの空間を発見。基礎の上面には穴があり、そして…角にはヒトデの姿も。w
H26041306
 角から岩礁らしき捨石方面をみると、そこには…鉄パイプらしき物体が無数に散乱!…船の残骸か!?
H26041307
 よくみると、どうやら船の残骸などでは無く、近くを通りかかったダイバーの話によりますと、どうやら防波堤を製作する際に出た足場などのパイプ類だとの事。…不法投棄にあたるのではないか?と、心配しつつも、実はこれがイイ感じの漁礁になっている事が判明。
H26041308
 実は、撮影しつつワームを落としてみました。すると…!coldsweats02sign03
H26041309
 クロソイのような魚がチェイスしてる!!が、ワームがジャンプすると逃げる!そして、フォールすると追って来る!が、数回繰り返した後、最終的に捨て石の隙間へと逃げられてしまいました。(苦笑)と、このように、捨て石は当然の事ながら廃棄されていた鉄パイプまでもがイイ感じの漁礁となっているようで、結果的には『根掛かりは多いが魚が居着き易い環境』となっているようで安心しました。
H26041310
 最後は、捨て石地帯をチェック☆魚がカメラにビビッているからか魚影はなかなか撮影できず。しかし、無数のホヤが生息している事が判明☆
H26041311
 おっと!ニアミス!?と、ばかりにカメラがホヤに急接近!カメラに装着したロッドが当たると、給水&排水口からボフッと何か出しておりました。う~ん、なんとなくキモイ。(苦笑)

と、いった感じで手短かもしれませんが、これにて今回の調査は終了でございま~す♪
H26041312
 う~む。魚影はあまり確認できませんでしたが、それでも海底の状況がある程度把握できたもので、個人的には結果オーライといった感じでしたが、皆様は如何でしたでしょうか?coldsweats01
 気づいた点としましては、そういえば他の防波堤周辺のポイントでも、まれに鉄パイプの姿がチラホラ映ってた気がしました。おそらく『いや~、変に根掛かるなぁ~。(汗)』といった他のポイントでも実は結構な量の鉄パイプが、工事中、または工事後に捨てられている…のかも?(苦笑)
 また、防波堤際は基礎コンクリートとなっておりますが、どうやらブロック形状のものを並べて配置したためか、場所によっては思いのほか広い隙間が空いているところも見かけられ、更にブロック上にも穴が空いているため、結果的に『防波堤際でも根掛かりする確率が高い』とも言えるのではないかと。(汗)
 しかし、もともと能代港は砂地海岸な部分が多いため、こうした鉄パイプや捨て石、はたまたテトラや防波堤などのおかげで徐々に漁礁が増えているのではないかとも思えてきました。(複雑な心境ですけどね…)coldsweats01
Fu
 近年中には海上風力発電設備も設置されるとの事ですので、能代港の今後の益々の発展(漁礁増加)に今から期待しております♪それではまた次回の海中調査をお楽しみに~☆(リクエストも受付中!メールにて宜しくです♪)shiphappy02movieshine
---------------
H26041313
【追伸(謝辞?)】happy02sweat01
 今回の海中調査に御協力頂いた釣り仲間『Abuちゃん』と、海中で根掛かりしたカメラを救出頂いた『通りすがりのダイバーさん』には本当に感謝でございました!(^▽^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月27日 (木)

第4回能代港海底調査♪

海中カメラ『うみなかみるぞう君』と録画機『CVR-41』を使用し、また能代港周辺の海中調査してきました♪movielovely
1370253452581Cvr41_av_y
 さて、4回目となる今回紹介するのは、沖堤防の北防波堤側の内湾です♪実はこのポイント、以前ミズダコ釣りの方々が渡船で上がっていたのを思い出し急遽『CVR-41の性能確認』も兼ねて撮影してきました☆fish
H25062505
 修理(?)済みのCVR-41での動画撮影結果がバッチリだったもので、特に沖堤防内湾側を攻める方には参考になるかと思い、ちょっと長くなりますが詳細に渡って報告させて頂きますのでじっくりご覧下さい☆coldsweats01
 なお、画像にはタイムスタンプが右下に入り、カメラ前方には青いミニロッドを装着し『エサ』も取り付けておりますので画像にしっかり映り込んでいる場合がある事をご了承願います。eyewrench

 まずは防波堤上部から下部までの連続ショットからご覧下さい☆movieupdown
Um_h25062502
Um_h25062503
Um_h25062504
Um_h25062505
Um_h25062506
 と、こんな感じになっております♪上層ほど海草が多く、ボトムに近づくにつれて海草は殆ど無くなります。そして、海底にはコンクリート製の基礎が入っており、そこにヒトデやイソギンチャクが多く生息していましたが…ほぼ平面な砂泥地で何も無いですね~。基礎には等間隔で四角い穴があり、埋まっている場所もありましたがバッチリ穴が開いている部分も結構ありました。flair
 それでは次に、壁から3~4m離れた方向へカメラを移動させるとどのようになっているのか?この画像で攻略法が少しでも立てられるかも?こちらは横に連続ショットでお送り致します。movieleftright
Um_h25062507Um_h25062508Um_h25062509_2Um_h25062510Um_h25062511
 と、いった感じです♪防波堤際から2~3m程度幅の基礎があり、その向こうには2m程度幅の捨石ポイントがあるのがお分かり頂けるかと。そして、その向こうが砂地(航路方面)といった感じになっております。ただ、捨石ポイント=海草が生い茂り小魚がワラワラと…といったイメージがあったのですが、水深が10m前後の割りには申し訳ない程度にしか海草が生えておらず、そのためか小魚も少なく、イメージしていた海底とは少し違った雰囲気でした。coldsweats02
Um_h25062501
 予想外に魚の気配が無い防波堤際の海中ですが、つい先日の夜釣りオフでは、このヘチでメバルやカサゴが爆釣したのは事実。予想としては防波堤の継ぎ目や、基礎に空いた穴(四角い穴が結構あります)、または基礎から離れた場所にある捨石の下に隠れているのではないか?といった事が考えられます。eyeglassshine
Vlcsnap2013062520h03m41s85
 が、そんな魚っ気の無い防波堤際でも、ミニロッド先端のエサを気にする魚達がある程度ビデオに映ってくれましたので紹介いたしましょう♪fish
Um_h25062512
まずはアイナメの幼魚ですね。しつこいくらいエサにジャレて来ていたものの警戒してかヒットには至らず。う~ん、ヒットシーン撮影はなかなか難しいかも??coldsweats01
Um_h25062513
こちらは中層でエサをチェイスしてきたメバルです。サイズは小さめでしたが、小型の根魚は主に壁面の海草の中、または周辺に多く生息しておりました。lovely
Um_h25062514
 そして、最後はコチラ。…分かります?青いミニロッド下部の砂泥がモヤッとしていますよね?実はカレイが居ました☆ヒラメじゃないのが残念~!しかし、サイズはこちらもあまり大きくは無いようで…手の平サイズよりはちょっと大きいかな?といった感じでしょうか。happy02
Um_h25062515
 いやはや、今回で4回目となる海中撮影ですが、やっとまともにレポートできた感じが致します。実際のスナップサイズは720×540程度で若干荒さが目立つ画質、カメラが波の影響で揺れすぎると何が映っているのかワケ分からん感じがありましたが、結果的に撮影した動画からこうしてスナップ取り縮小する事で、やっとブログ用としては申し分ない撮影体制が整ったかな?といった感じです。coldsweats01notes
H23112801
 もし、今後の撮影で『能代港内限定で撮影可能なポイントであれば』ある程度リクエストにも応えてみたいと思いますので、気になるポイントがある方はメールにてお気軽に相談宜しくです☆(水質、波風、天候、場所、季節によっては無理な場合も有りますのでご了承下さい)coldsweats01
 それではまた、次回のレポートをお楽しみに~♪今度は…ヒットシーンも撮影してみたいですね☆引き続き諦めず頑張ってみます!shiphappy02shine

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月19日 (水)

帰ってきたCVR-41♪

海中カメラ『うみなかみるぞう君』用に用意した録画システム『CVR-41』を販売店に修理&調査に出して約1週間。やっと本体が帰ってきました☆presentshine
Cvr41new1
 箱などは以前送った時のままですが…中身は、そして本体はどんな状態で戻ってきたのか!?気になったもので早速開封しチェック♪eyeglass
Cvr41new2
 箱には報告書が1枚。なになに?loveletter
『新品と交換致しました~☆』
やったね!ラッキー♪って…あれ?それはそれで嬉しいのですが、また似たような現象が起きる場合もあるのでは?そして…肝心の原因は?(苦笑)happy01sweat02
喜んで良いのかどうか複雑な心境ではありましたが、なにはともあれ、早速『みるぞう君』に装着し録画テスト。movie
Cvr41new
 おお、ちゃんと動作しバッチリ録画出来てる☆ま、まぁ…新品なので当たり前ですが結果オーライかな?とりあえず今のところは。(汗)coldsweats01
Cvr41new3
 電源ON時や録画の際に点灯するLEDも問題なく動作してますので、まずはこのまま次回能代港にて釣りオフ、または、海中調査出港の際に使用(撮影)してみたいと思いますのでご期待下さい。happy02scissors
H25061501
 今度こそ…今度こそちゃんとした撮影がしたいなぁ~!!(苦笑)正直自分でも次回撮影が楽しみで今からワクワクだったりしてます♪shiplovelyfuji

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月16日 (日)

第3回能代港海底調査♪

海中カメラ『うみなかみるぞう君』で、今回は『能代港北防波堤先端付近内湾側』の海中を調査してみました☆movie
1370253452581
 今回はカメラに装着したショートロッドに仕掛けとワームをセットしての魚調査☆はたしてヒットなるか!?楽しみですね~♪ちなみに録画機器ですが、まだ修理と言いますか製品検査から戻ってきてないため今回も残念ながらデジカメでの撮影となります。(次回こそ!)coldsweats01
H25061501
 まずは今回の調査ポイント『北堤防の先端』へと向かいます。それなりに風があったもので、外洋側は厳しいかと思い、あえての内湾側です。wavebearing
 実は以前にも同じポイントを調査してはいるのですが、季節的にちょっと早く海草も微妙だったため、ゴッソリ海草の生い茂った今の時期に再調査。wink
H25061501s
 まずは防波堤の際から攻めてみる事に♪藻の隙間から小魚がワラワラ出て来そうですが…ヒットするかなぁ~?coldsweats01sweat01
H25061502s
 カメラを海中に入れた瞬間に小型のクジメがご挨拶…って、映ってない!!(汗)目視できたもののカメラ前には長期滞在はしてくれず…う~ん、ワームじゃ厳しいかな?(苦笑)魚よ頼む!フレームに入ってくれ~!(汗)bearingsweat01
H25061503s
 お次は海底付近。画像下にはイトマキヒトデの姿がチラリ☆ぬぬぬ…またしてもワームを襲撃する魚(これも、おそらくクジメ)の姿がチラリと見えたのにちゃんと撮影できてない~!(涙)crying
H25061504s
 そして、防波堤からちょっと離れた海底(砂地)を撮影。撮影してて思ったのですが、やはりまだ濁りが入ってますね…。どうもボヤッとした感じにしか映らず、海底に何が居るのかどうか皆目見当つかず終い。カメラのピントも合い辛く…だめだこりゃ。(苦笑)weep

 なんだかんだで、水面から目視した限りではクサフグとアジやサバらしき小魚の群れが見えた程度。ならば、と、それら相手に撮影を試みるもカメラを落とすと逃げたため撮影にならず。coldsweats02
H25061505s
 海底の方には砂というより藻屑が多くて、カメラを海底の砂に着底させると酷く舞い上がってなかなか満足に撮影できない状態でした。crying
 しかし、今回の撮影で、次回撮影で効果あるであろう対策がハッキリしました。bearing
・取り付けるなら生エサ。
・魚群集めるならコマセカゴを装着。
・浅瀬を撮るならなるべく外洋側。
・やっぱデジカメでのモニター撮影は厳しい結果になる。

 と、いう事で、残念な結果ではありますが、まず今回はこんなオチって事でご勘弁を。(苦笑)bearing
 実際ここ数回調査して気づいたのですが、やはり外洋に近い防波堤ほど水質が良いですね。次回は、ちゃんとした録画機をセットし、コマセまたは生エサを使用するなど準備万端でリベンジしてみたいと思いますので、マジで今度こそご期待下さいませ~☆moviecoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月11日 (火)

海中録画機が不良品で…。(泣)

Cvr41_av_y
 海中撮影カメラ『うみなかみるぞう君』用に新装したCVR-41(録画機)を数日前の船釣りオフで使用してみました♪しかし…!coldsweats02
Cvrxx
 何の違和感も無く録画できたつもりでしたが…いざ帰宅して動画ファイルを開いてみると『コーデックが入ってない、またはデータが破損してます』とのエラー。(汗)shock
On_off
 挙句の果て、本体電源も入らなくなる始末。おいおい、こりゃどうした事だ!?まだ片手で数える程度しか使用しておらず、しかも、衝撃を与えたとか落下させたなどの手落ちは一切無いのに~!(苦笑)crying
Cvr41
 販売店に問い合わせてみたら、結局『本体が初期不良品であろう(検証しますので送ってください)』との返事があったため、取り急ぎ配送手配。なんだかなぁ~。(汗)bearing
 それでも、販売店側の配慮で『送料着払い』にして頂き、対応も丁寧かつ素早くて嬉しかったです♪coldsweats01
H250608
 それはともかく…海中画像がまともに紹介できるのはいつの日やら?(苦笑)まずは今後にご期待下さいませ~。(汗)cryingsweat01
※ちなみにこの調査当日の海水透明度ですが、モニターで見る限りまだ濁りが抜けておらず映りはイマイチでしたし魚影は確認できず…生息確認できたのはヒトデやウニ程度と残念な結果でしたので次回に期待ですね。(苦笑)weep

| | トラックバック (0)

2013年6月 3日 (月)

みるぞう新装備☆(笑)

海中調査カメラ『うみなかみるぞう君』にこんな装備取り付けてみました♪ undefined
カメラ部分に…アンテナ!?いえいえ、釣り竿です♪(笑)  実は、小屋に眠っていた、壊れた昔の釣り竿(サビキ竿)の先端部分を切り落としリサイクル装着してみました♪ undefined
 先端部分にはラインで作った輪を接着し、その上からグルーでコーティング☆実際の海中では、この先端にラインを結び付け釣り針とワームなどを取り付けます。
 これにより何らかの魚のヒットシーンも撮影できるかも!?
 とはいえ、あまり大型の魚は無理かもしれませんので、とりあえず小物相手に今週末あたり試してみたいと思います♪ まずはお楽しみに~☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月28日 (火)

海中録画システム最終構築完了!

Miruzo02
 海中観察カメラ『うみなかみるぞう君(みるぞうと略す)』録画や写真撮影機能が無いもので、とりあえず『録画王(上記写真のカメラのような装置)』を用意したまでは良かったのですが…未だに『画質の悪さに納得いか~ん!』と本気で悩んでいたもので…最終的にこんなシステム用意してしまいました。flair
Cvr41_01
『CVR-41(写真左上のマッチ箱のような長方形の機器)』です。サイズ的にはバイブ(ルアー)より若干大きい程度である事がお解かり頂けるかと。coldsweats02
 さて、このCVR-41がどんな機器かと言いますと、簡単に説明すれば『外部カメラからの映像を録画する機器』でございます。sign03
 あくまで『録画専用機器』ですので写真撮影機能はございません。よって、動画からのスナップショットが欲しい場合は別途PCでの動画編集作業が必須となります。danger

 本来の用途『防犯用監視カメラと接続する機器』でして、屋内用なもので防水機能は無いのですが、みるぞうには『相性バッチリ』な装置となるため急遽用意♪lovely
Cvr41_02
 接続は簡単☆CVR-41本体に、別途用意したAV入力ケーブル『BC-500-12V』を接続し、そのケーブルを『みるぞうビデオ出力端子』に接続するだけ♪notes
Cvr41_av_y
 ちなみに一緒に購入した専用AVケーブルのビデオ端子(黄)と、みるぞう映像出力端子が共に『メス』だったもので、みるぞう本体との接続用に『自作ビデオケーブル(全長約10cmの黄色いオス/オスケーブル)』を使用してみましたが、ケーブル自作に自信の無い方はなるべく短い…50cm以下のAVケーブルのビデオケーブル(黄色)で接続してみましょう。flair
 また、本体固定用クリップも標準添付されてますので、みるぞう遮光カバーに挟んで取り付ける事ができるため別途両面テープなど用意せずとも良いです♪good
Cvr41_03
 さて、この機器の使用方法ですが、実は操作も超簡単☆lovely
 写真右側の丸いボタンが電源スイッチ、左の四角いのが録画ボタンで、電源入れて録画ボタンを押すだけです♪電源オン、録画スタート、などはボタンを押した時に本体のバイブ機能がお知らせします(オン/オフ設定可)ので『あれ?ボタン押したかな?』という心配が無用かと♪(本体側面のLEDも光りますけどねw)flair
Cvr41_04
 そして、録画した動画データですが、本体横スロットに挿入するmicroSDHCに保存されます。最大32GBまで対応してますので、この本体とみるぞう本体、どちらかのバッテリーが切れるまで撮影できるかも!?と、いった感じです。coldsweats02
 本体に録画メモリーが入って無いものでmicroSDHCは8GBが標準添付されておりますが、それだけでも十分かと思いますが長時間撮影したい方は別途大容量のものを用意されると良いでしょう。notes
Cvr41_05
 あとは録画したデータを観覧するわけですが、microSDHCカードを本体から外してPCへセットし読み込むだけ。なお、SDアダプターも標準添付ですがCVR-41本体とPCは直結できませんのでPCにSDスロットの無い場合は別途カードリーダーなどが必要かと。danger
Cvr41_06
 PCからmicroSDHCメモリー内を見ますと…録画した動画データを発見☆(MOVファイル)movie
Cvr41_07
 あとは再生するなり編集するなりスナップショットを撮るなりお好きにどうぞ♪bell
 さて、気になる『画質』ですが…スペックはコチラ☆coldsweats02
----------------------
・動画サイズ:720×680
・フレームレート:30fps
・記録形式:MOV
----------------------

 上記写真がまさにテスト録画した動画データをクリップアウトし縮小したものですが、正直、テレビで見る画質としては『超高画質とは言えないものの全然悪くない!』といった感じです☆lovely
 簡単に『どの程度か?』と言いますと…SVGA画質に近い…かも?あ、一昔前のビデオ画質よりは良いって感じですかね?coldsweats01
 なにはともあれ、勿体無いけど『録画王』とはオサラバできそうですね。…っていうか、あんな機器とは完全にオサラバです。(苦笑)bearing
H23040905
 と、いう事で、今後の『海中調査レポート』ではこのシステム構成でお届けしていきますのでどうぞご期待下さいませ~♪shiphappy02scissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月19日 (日)

第2回能代港海底調査♪

Miru007
今回は能代港にある渡船でメジャーなスポット沖堤防先端の海底『うみなかみるぞう君』で調査してみました♪camerashine
Miruzo
 渡船に依頼し沖堤防に上がった事のある方や船釣りオフに参加された方ならご存知かと思います。こちらが沖堤防の先端です☆白い灯台が目印ですね♪flair
H25051801
 しかし、撮影ポイントに到着して『録画王(海中録画専用機)』を出そうとしたら…ヤバイ!接続用のAVケーブル忘れた!(自滅)ここまで来てから重大なミスが発覚だ~!!(涙仕方が無いので…今回は前回のような感じの手法で、しかも携帯での撮影となりました。(号泣)shocksweat01
 それでは気を取り直して…いざ海中調査撮影開始~~!(トホホ…)coldsweats01
H25051802
 まずコチラが防波堤先端壁面の様子。おお!ここにもブルーヒトデが!(写真左上)w
改めて見ますと結構綺麗なブルーですねぇ~♪しかし…キモイっ!(苦笑)ほかにウニの姿もありましたが、その他コレといって珍しい生物の姿はありませんでした。せめてタコでも映ってくれたらなぁ~。coldsweats01sweat01
H25051803
 お次は海底から堤防に向かって右側の海中風景。海底の様子はこのようになっております。基礎が入ってますね~。その基礎には穴が☆こういった穴に根魚やタコなどが隠れているのでしょうね♪lovely
H25051804
 そしてコチラが防波堤に向かって左側の海中風景。右と左で何が違うと言われても微妙ではありますが、要するに端から端までこういった基礎が入っており、海底の、防波堤から1~2m離れた部分にこうして穴が均等に空いていて、さらに基礎の継ぎ目も見える…といった感じです☆あとは…時期的にまだ魚っ気が殆ど無しといったように見えました。(苦笑)weep
H25051805
 最後は防波堤から3mくらい離れた場所から防波堤側を撮影したもの。ここでメバルの姿を発見~!!(写真中央上)とはいえ、サイズとしては手の平サイズ、またはソレ以下といった感じでしょうけどね。(苦笑)上を向いてますが…あ、そういえば水面付近には極小ベイトが群泳してました。その小魚を見ていたのかな?とにかくまだ時期早々なのかもしれないため魚群なんて全然見当たりませんでしたが今後に期待しております。(汗)fish
H25051806
 と、いった感じで、撮影結果的にはマズマズでしたが、今回は…失敗点と難点が一つづつ。coldsweats02sign03
・接続用AVケーブル忘れた(大失態!)
・風があったもので船が落ち着かなかった。

 風裏のポイントで撮影しても良かったかもしれませんが、どのみちケーブル忘れが発覚した時点でテンション『サゲMAX』だったものでポイントは変えず。とりあえず携帯で頑張ってモニターを撮影してみた…というオチに終わりました。おまけに…まだ魚の数が少な過ぎっ!!crying
Miruzo02
 マジックテープを使用し、遮光フードに録画機器を装着できるようにしたもので、ケーブル(写真左の束ねてあるAVケーブル)さえ忘れなければ次回からはちゃんとした撮影ができるハズです。よって、今後は絶対にケーブルも含み機材一式忘れないよう専用ポーチ用意してスタンバイしておこうかと思います。(超反省)weep
まずはまた次回の海中調査レポートにご期待下さいませ~☆housecoldsweats01shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月15日 (水)

海中を高画質で録画する装置…発掘?

Miru007
 以前『うみなかみるぞう君』用に『スーパー録画王』なるメディアレコーダーを購入し、水中撮影しようと張り切ってみたのですが未だ出番が無いままで申し訳ございません。(苦笑)bearingsweat02

 実は、いつか海で使用するまでに…と、説明書のスペック表をしっかり読んだり録画テストしてみたりとアレコレ使ってはいるのですが、ちょっと困った部分に気付く。sign03
ちなみに静止画と動画の仕様はこのようになっております。flair
--------------------
【スーパー録画王】
型番:PR-201
静止画:最大1280x768
ビデオ:最大640x384
撮影画素数:30万画素
--------------------
20130516_132907
と、そこそこ良さそうに思えますが、実はビットレートが遅いという致命的な部分が発覚!
 簡単に説明しますと、例えば最大の640x384で動画撮影した場合、ある程度大型のテレビで見ますと…かなり画像が荒くカクカクします。最大サイズ=画質が荒くなる!という事で、画質を最高画質に設定してみたら撮影可能なのは320x240以下と極小動画。一昔前のガラケーで動画撮影した感じに似ています。(苦笑)coldsweats01
Vlcsnap2013051613h20m04s241
 静止画も1280x768とありますが、実際は30万画素程度ですので、例えば私がブログに貼っている写真程度の画像サイズに『縮小すれば悪くは無い』といった感じですが、写真印刷にはイマイチ不向き。しかも、動画撮影中のスナップ写真撮影は不可ですので、静止画がほしい場合は、動画をPCへ取り込んでからスナップするしかありません。(上記写真参照)down
 おまけに…danger
『SDメモリー4GBって!?売ってないし!Σ( ̄□ ̄;)』
20130516_132644
※現在主流の『SDHC』ではありません。『初代SDメモリーの4GB』の事です!が…とりあえず2GBは昔使っていたMP3プレイヤー用に持ってましたのでリサイクルセットしてます。ちなみにSDHCメモリーは使えませんのでご注意下さい。(汗)
 なんだかんだで『ブログ記事用としては悪くない』のですが…この録画王で撮影した映像は『幅広くは楽しめない』という壁にブチ当たりました。録画王は万能に有らず!(泣)bearingsweat01

 どうせならもうちょっと出費して『超録画王』買っておけば良かったかなぁ…と、今更思っても後悔先に立たず。(既に入手困難だしぃ…苦笑)crying

Tk_dvd2011_01
 さて、私がどんな使い方をしたいのか…という肝心の部分ですが、実は『釣りオフ映像集』というDVDを毎年『釣り仲間限定無料配布』しているのですが、これにも『うみなかみるぞう君で撮影した映像を入れたい』と考えているのですよ。cd
すなわち、目指すところは『DVD画質で海中を綺麗に撮りたい!』という事です。(前置き長くてスイマセン…汗)coldsweats01

 そこで、過去に使用していたこんなアイテムを発掘!coldsweats02
Dcrpc902
『USBビデオキャプチャーケーブル』です♪
DV側のAV端子を『みるぞう君』に接続、PC(USB)側をタブレットPC(Windows)に接続して船に持ち込みめば良かったのです☆あとはPCのメモリーに任せて上質な動画をPCでガンガン撮影すれば良かったんですね。(苦笑)pc

 この製品の本来の使い道『VHSビデオやデジタルビデオカメラ(テープ記録方式)』古いメディアの映像をPCに取り込みデジタル保存するというもので、海中撮影とは全く関係無いのですが、まさかこのような作業にカミングアウトするとは思ってもいませんでした。(笑)coldsweats01
 できる事なら『防水タブレットPC』なんてモノがあると一番良いのですが…かなり高額なもので手は出せませんが、それでも、録画王であろうとPCであろうと防水仕様では無いため撮影できる天候は限られてしまいますけどね。(苦笑)sun
 よって、雨天は撮影不可ですので、雨天の場合は前回のカテゴリー記事のように画面を防水デジカメで直接撮影するのが一番手っ取り早いのかも?(汗)camerarain
 まずは色々頑張って撮影してみますので今後もカテゴリー『海中調査レポート』をどうぞお楽しみに♪coldsweats01scissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月22日 (月)

第1回海中調査レポート☆

 4月21日。雨天の中、初の『海中調査』を能代港湾内随所にておこなってまいりました♪
※本当は釣りオフの予定でしたが寒いわ雨天だわ朝から変に予定狂うわで釣りオフ自体は中止とさせて頂きました。(苦笑)coldsweats01


 海中調査に使用するのは、以前の記事で何度か紹介している水中カメラ『うみなかみるぞう君』です。lovely
Miruzo
 標準添付のロッド部分に大型リールのような本体が設置されており、本体にはモニター、ケーブル先端にはフィンの付いた水中カメラが装着されております。その他、モニター遮光用のパーツまで完備。ちなみに私の本体は黒バージョンでございます♪
Sanyo_xactihd
 なお、水中カメラではあるものの『本体には撮影/録画機能は無し』ですので、写真撮影する場合は別途デジカメまたはAVケーブルで直結できる小型録画機器が必要となります。(うみなかみるぞう君は単に水中を覗くだけのカメラって事ですね)coldsweats01
 今回は試しという事で、とりあえず手持ちの防水デジカメ『XactiHD(SANYO)』を使用しました。はてさてどんな感じに映るのか…!?lovely
H25042101
 まずは、バースのあるポイント。もともと雪解け水の影響でささ濁りの水質となってましたが、雨天で泥水が流れ込んでいたもので余計に水質悪そうでした。(汗)さて、海中はどうなっているのかな?coldsweats02
H25042104
 こちらが写真として撮影したもの。う~ん、遮光キット装着しているものの撮影しているカメラがモニターに映り込みしているし、良く見ると雨天なものでモニターに水滴も…全体的に映りがイマイチです。(汗)ただ、水面から見た感じより水中は濁ってない事が判明☆
H25042107
 そしてこちらがビデオモードで撮影しデータからスナップしたもの。写真として撮影したものよりは色々見ることが出来るのでビデオモード撮影のほうが後々融通も利いて楽しいかも♪カメラ前の岩礁のフジツボがハッキリ見えますね。また、大量ではありませんがベイトの群れもある程度確認出来ました。が、カメラが海流によって動くもので動いている生物はなかなか見づらく映しづらく…。(汗)
H25042102
 お次のポイントは北防波堤先端の内側。砂地と岩礁が混雑するポイントですが…何か居るかな?
H25042105
 まずはコチラが写真として撮影したもの。魚が居た!と、シャッター切りたいのに波の影響でタイミングが合わずイライラ。よって、カメラを着底させて撮影。海底にカメラを固定したおかげか写りはまぁまぁですが魚の姿が…。(汗)
H25042108
 そしてコチラがビデオモードで撮影しデータからスナップしたもの。…ん?ヒトデ発見!(笑)そのほか、メバルらしき魚がテトラの影に隠れていたのを発見しましたがカメラ部分が海流により落ち着かなかったものでピントが合いづらく残念な結果に。(苦笑)
H25042103
 最後に、横穴式穴釣りで有名(?)な沖堤防の際の海中を覗いてみる事に☆タコ釣りの人々で賑わっておりますが…タコは映るのか!?
H25042106
 まずはコチラが写真として撮影したもの。濁りの影響で視距離が…。生物どころか壁面の海草にカメラを近づけてやっと海草が写る程度。
H25042109
 そしてコチラがビデオモードで撮影したデータからスナップしたもの。いくらかはカメラ操作に慣れてきたものの水質と天候の影響で撮影結果は静止画と似たり寄ったり。(苦笑)ホヤやナマコの姿は超チラリと見えてましたが、そのムービーからスナップ取るのは難しかったです。(汗)
H2502104
 結論。『うみなかみるぞう君』は実際に素潜りしなくとも海中が見れて楽しいのですが、良い点と悪い点を見つけたもので今後の課題も含めて紹介しておきます。
------------------------
【良い点】lovely
・気軽に水中が覗ける。
・見ていて飽きない♪
・水質さえ良ければ海中確認に超役立つ。
・モニターが綺麗☆
・二人以上居ればヒットシーンも撮影可♪
------------------------
【悪い点】bearing
・デジカメの性能次第で撮影自体困難。
・一人ではヒットシーン撮影困難。
・海流が強いとカメラ操作が超困難。
・雨天だと総合的に撮影困難。
・ライン出しや巻き取り中は撮影不可。
------------------------

 やはり、デジカメや携帯などでモニターを撮影する場合、モニターの周波数とデジカメなどのカメラやモニター部分の周波数がマッチしなければ撮影結果はなかなか良くなりませんね。よって、別途『小型録画機器』を巻き取りドラムに装着して撮影するのがベターかと。
 それでも、とりあえずは手持ちのデジカメなどを併用しても海中が撮影できないワケでは無く、今回のような結果が出せるため通常のデジカメを使用するのもアリといえばアリかも?ただ、やはりマクロ機能のオンオフ切り替え操作やモニター角度と撮影角度がマッチさせづらいもので、別途デジカメで撮影する際は何らかの『固定キット』が必要ではないかと思いました。coldsweats01
Umi1203_2

 しかし、気軽に海中を眺めたり、海流が穏やかで水質も良く晴天であればかなり良い撮影結果が出せるのではないかと思いますので今後に期待ですね☆happy02notes
 また、コード長20mあるので、能代港内であればどこでも海底が撮影できるというのも良いですね。今回は横向きでの撮影がメインとなってしまいましたが、フィンにはコードを引っ掛ける部分があり『上からの撮影』も可能のようですので次回は別の角度からの撮影にも挑戦してみたいと思います♪flair
 と、いう事で、なんだかんだで『うみなかみるぞう君…カナリ使える!』と判断したため急遽『カテゴリー化』しましたので、まずはまた次回の海中調査レポートにご期待下さい☆lovelyfishshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)